当日の作業手順について

役員の当日の作業手順

1、鍵を受け取る。15分前に「2階のカウンター(アカデミー湯島)」で借りる。

(通常6時より予約をしているので、5時45分には受け取れます)

2、プロジェクターも、同じ「2階の(アカデミー湯島)カウンター」で借りる。

(講師が、プロジェクターを持参の場合も、延長コードが必要なためプロジェクター全体を借り出す)
ただし、役所なので「延長コードをください」といわないと付けないので注意する

3、会場にて、「参加者名簿」を準備する。(様式は特に定めない)
⇒ただし、幹事MLのブリーフケースにある様式を利用すると便利です。

4、会員外の参加者に出す「参加費¥1000円」の領収書を準備する。(領収書は、事前に前の役員から受け取る)
または、幹事MLのブリーフケースにある領収書を利用する。

5、ゲストがお見えになったら、担当役員である挨拶と、当日の司会を兼務していることをお知らせする。ゲストに謝礼をお渡して領収書にサインをいただく。

6、定時に、「定例研究会の開催を宣言」して、講師のご紹介を行う。

7、講演後、質問を受け付け、「閉会」を宣言する。

8、終了後に、鍵とプロジェクターを返却する。

9、研究会開催報告書を作成して幹事MLにて送信する
以 上

2010年03月03日 修正

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.